オリンピック 男子サッカーを楽しむ【久保建英編】

オリンピック

こんにちわ。何とかコロナが収束してほしいと願う ひろ@自由です。

みなさんは、これから始まる東京オリンピックをどのように楽しみますか?
私は、自由な時間を最大限利用し、ゆる~くできるだけ多くの競技をみていこうと思います。
ただ、子供の頃から愛着のあるサッカーは特に中心に見ていきたいのと、開幕までにもう一種目特別興味を持てるような競技を探し、応援したいと思います。

今回は、私がその東京オリンピックで一番注目している競技・選手である男子サッカー・久保建英選手を投稿したいと思います。

久保建英

★ここがすごい

  • リアル”キャプテン翼

    みなさんは、“キャプテン翼”というサッカー漫画はご存じでしょうか?おそらくサッカー漫画では世界一有名な漫画で日本だけでなく世界のサッカー選手にも影響を与えている作品です。
    内容としては、「ボールが友達」が信条の主人公・大空翼がサッカーにひた向きに向かい、夢であったサッカーの頂点“ワールドカップ”の優勝を目指すものというものです。


    私の世代(40歳代)では、この世界は完全に漫画の中の世界でとても現実的な話ではありませんでした。しかし、久保選手は、この漫画の世界を現実にしてきています。
    例えば、漫画の大空翼は世界有数のクラブチーム“FCバルセロナ”に入団するのですが、久保選手は、ユースですが、FCバルセロナでした。またそれだけでなく、すでにそのライバルチームのレアル・マドリードに現在所属しています(フェタフェにレンタルされていますが)。


    まだ20歳。これからもリアル“キャプテン翼”として成長していってもらいたい。
  • フィジカルだけでなくメンタル部分もすでに世界基準

    魅了するサッカースタイルだけでなく、メンタル(サッカー以外含む)においても今までの日本選手にないものを数多く持っています。
    例えば、多くのスポーツ選手が海外で苦戦する“言葉”の問題ですが、彼は幼少の頃からスペインにわたっているため、現地の言葉を簡単に把握しているだけでなく、現地の人より言葉の使い方がきれいと言われるほど、言葉使いも学んでいます。
    彼をみていると、早くから何事にもプロフェッショナルとして行動しないと世界に通用しないことがわかります。
  • 自分のプレイスタイルを持っている数少ない日本人

    現在、海外でも活躍している日本人サッカー選手はいます。ただ、その人たちのほとんどはチームの中で役割を担い、その中で柔軟に対応できる選手がほとんどです。これは日本人の特徴なのかもしれませんが、まずチームの中に溶け込む事を主体に考えるからかもしれません。そのため、自分のプレイスタイルというものが弱い選手が多いです。
    久保選手はその点自分の独特なプレイスタイルを持っています。これは非常に魅力的で見るものを引き付けてくれます。

★オリンピックでここがみたい!

  • 相手が奪えると思える狭い距離で敢えて行うプレイ
    普通ボールを保持している場合、敵が近ければ近いほど味方にパスしたり、後ろに向いたりして敵を避けるのですが、彼は敢えてゴール方面に向かい、敵を交わしたり・華麗なパスを行います。これが彼の最大の特徴であり・武器です。彼のこのプレイが多く出るほど日本は優位に戦えるとおもいます。そのためには、まわりの選手もこの特徴を理解して試合に臨んで欲しいです。
  • ここ1~2年で学んだ前線での守備
    ここまで、順調に日本最高の選手に進んできた彼ですが、今シーズンは自分の特徴を生かせるチームに恵まれず苦戦しています。苦戦しながら彼の成長も垣間見えます。それが、守備です。今までは、得点につながるプレイ中心で守備は最低限の事しか行ってきませんでした。
    ただ、今年は前線から考えて精力的に守備を行っています。これが、日本の躍進の一つになると思いますので注視していきたいと思います。
  • 世界に動じない態度
    早くから世界に出ていることもあり、すでにこのような世界大会は場慣れしています。彼はよく倒されファールをアピールします。ブーイングも起きかねない行為ですが、世界的な選手も同様な事を行っています。オリンピックも同様、行って欲しいですね。
    また、インタビューも非常に明確で目標を高く持って話しています。この内容にも注目してみたいです。

★まとめ

オリンピック 男子サッカーの日程は、この通りです。

私は久保選手がプロになってからの公式戦はほとんどみています。

それだけに、応援にも力が入ります。

彼がまた一つステップアップするためにも、オリンピックは絶好の場ですし、必ず良い結果を残してくれると思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました